思いついたときに書く不定期な日記です。 ヲタな話がメインです。その他ちょっとは役に立ちそうなことも書いてみようと思ってます。

2007/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2007/11

年末が近くなってきて、PS3の値下げやWiiFitの発売などの話題が出てきていますが、年末商戦も任天堂の圧倒的勝利でしょうという話しか出てきません。
確かに年末は引き続きWiiとDSが好調でしょうけど、実際問題WiiやDSのゲームって売れてます?
ファミ通のランキングを見ると、Wiiスポーツ、スーパーマリオ、どうぶつの森など本体を買ったときに一緒に買いそうなソフトは常に売れてますが、それ以外は大して売れているようには見えません。
ドラゴンボールなどPS2とWiiで発売されたソフトはPS2版の方が遥かに売れています。(ゲームのターゲットや普及率からすれば当然でしょうけど。)
そもそも、WiiやDSが開拓したという新規客層はゲームをほいほい買わないのでしょう。
せいぜい、半年一本くらいなのではないでしょうか。
それにWiiを買ってどれくらい稼働しているのか、ちょっと気になります。
WiiやDSが今までゲームをしなかった人にゲームっぽいものを広めたという功績はあるでしょうけど、かと言って今までの延長線上にあるゲームは終わった。とあまりに強調するのもどうかと思います。
なんで、それはそれ、これはこれってならないんですかね?
ゲーム機の性能の向上による開発費の高騰など問題であることは間違いないんですが、だからといって任天堂サイコーと手放しで絶賛するのもどうかと思います。
まあ、何というかMH3がWiiになったのが気に入らないという愚痴ですw
スポンサーサイト