思いついたときに書く不定期な日記です。 ヲタな話がメインです。その他ちょっとは役に立ちそうなことも書いてみようと思ってます。

2005/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2005/10

F1速報ブラジルGP号をざーっと読みました。
やはり気になるのは琢磨に関する記事です。
和田HRD社長のインタビューがあったのですが、その中で、バトンがウィリアムズに支払ったお金はチームの出世払いだと言ってます。
これって、ホンダの出したコメントとはちょっと異なる気がします。
また、琢磨についてF1で走れるように支援はするが、ホンダエンジン以外のチームに乗ることに関しては、”じゃあ何もないから行きなさいという言葉はあるかも知れません。”と言ってます。
つまり、ホンダは縁を切るってことですね。
全体的に今まで走れたのはウチのおかげなんだから、それはわかっているんだろうな?って感じのインタビューでした。

木内氏は連載記事の中で琢磨のベルギーでの接触を”なんであそこで頑張っちゃうかなぁ。まだ勝負は先なのに…”と言ってます。
”無理矢理こじ開けることができていれば時にはうまくいっても「速いけども…」という印象しか作れないだろう”とも言ってます。
結局、琢磨はチーム内部でもそういう風に思われているんですね…orz

あぁ、いかん、いかん。自分の見方、感じ方が卑屈になってるような気がします…
スポンサーサイト