思いついたときに書く不定期な日記です。 ヲタな話がメインです。その他ちょっとは役に立ちそうなことも書いてみようと思ってます。
がんの治療で休んでいた小橋建太の復帰が見えてきました。

http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20070719-229324.html

がんが発見されて出場できなかった高山の復帰戦と同じカードで年内復帰を目指すそうです。
昨日、人の東スポをちらっと見た限りでは10月武道館って書いてあったんですけど、どうなんですかね?
東スポはプロレスだけは信じられますからね。
小橋復帰戦はぜひ見に行きたいです。
スポンサーサイト
今日はNOAH武道館大会でした。見に来たいと思いつつも行かなかったのでG+で見てました。
GHCヘビーの三沢vs佐野が楽しみだったのですが、その試合は決して悪くはなかったですが、最後が唐突だったので、アレ?と思ってしまったのは残念でした。
佐野が勝っちゃっても面白かったかなと思いますが。
ドラゴンゲートCIMAと丸藤の初対決も絡みがあまりなかったので残念でしたが、今後に期待できる雰囲気はあるので楽しみです。
ムシキングテリーと高岩のGHCジュニアはムシキングテリーが良く耐え抜いた試合でした。
ただ、雪崩式の技は流れがモタモタするので嫌いなんですよね。
で、一番面白かったのは、秋山、力皇vs高山、杉浦のGHCタッグでした。
この試合は熱かったですね。
特に杉浦がすごく良かったです。明らかに一番体が小さいのに耐えに耐えたし技にも説得力がありました。
この大会のMVPは杉浦でしょう。お客さんの声援も一番大きかったです。
見に行っても損はなかったですね。
あと、次の大会からRODが来るのも楽しみです。
昨晩、テレビ東京で佐々木健介の「健介オフィス旗揚げ記念興行」を放送してました。
放送があることを全然知らなくてNOAHを録ろうと思って番組表を見たら偶然発見したので、とりあえず録っておきました。
放送では健介vs中嶋勝彦の試合が流されてましたが、相変わらずこの2人は良い試合をします。
勝彦はホント良いですね。
がむしゃらに突っ込んでいく勝彦、それを受け止めて返す健介。見てると何かよく分からないけど泣けてくるって感じです。
これからドンドンこの熱い親子喧嘩を見せて欲しいです。
10日は武道館にNOAHを見に行ってきました。
丸藤、三沢のGHC戦も当然見たかったですが、何より小橋が来場するということだったので見に行きました。

小橋はスーツ姿でリングにあがり、「みなさんにご心配をおかけしましたが、必ずこのリングに戻ってきます。」と短いながらも力強く挨拶してくれました。
入場テーマが流れたときの会場のどよめき、その後の小橋コールはすごかったです。

第1試合
本田多聞 ○泉田純至 菊地毅
  14分13秒横回転エビ固め
志賀賢太郎 川畑輝鎮 百田光雄×

第1試合らしい試合でした。相変わらず百田の声はでかいです。

第2試合
井上雅央 ○池田大輔
  12分16秒エビ固め
小川良成 リッキー・マルビン×

リッキー・マルビンは動きが軽快で面白いんですけど、全く勝てる感じはしないんですよね。
マサオのマイペースっぷりもいつも通りでした。

第3試合
○森嶋猛  4分45秒体固め  潮崎豪×
森嶋の殺人バックドロップが豪快に決まりました。潮崎はもう少し頑張ってくれると思ったので残念です。
森嶋にはもっともっとえげつなくなってヒール寄りになって欲しいです。

第4試合
秋山準 ○橋誠
  15分57秒体固め
斎藤彰俊 谷口周平×
谷口の頑張りが目立ちました。その分、橋の情けなさも目立つ結果になり、秋山はかなりいらだっていました。最後も橋が決めたものの、秋山はご立腹で蹴りを入れてました。

第5試合
○田上明 ムシキング・テリー 石森太二 青木篤志
  15分2秒 体固め
SUWA× TARU 近藤修司 “brother”YASSHI

田上とSUWAの因縁が中心でしたが、ブードゥーの暴れ方が中途半端でいまいちでした。NOAHにこういうヒールは似合わないとは思います。
でも近藤にはKENTAや丸藤とやって欲しいですね。

第6試合
杉浦貴 ○金丸義信
  26分6秒 エビ固め
NOSAWA論外× MAZADA

今大会最低のクソ試合でした。こんな試合がタイトルマッチとは情けないです。
終わった後、杉浦が客席に謝りながら帰ってましたが当たり前です。3分で終わらせろって。
お客さんの多くがトイレに行ったりしてました。

第7試合
○力皇猛 モハメドヨネ KENTA
  22分44秒 片エビ固め
佐野巧真× 高山善広 鈴木みのる

予想通りKENTAがいたぶられる展開でしたが、もちろんやられっぱなしのわけもないので面白い試合でした。みのるの人を舐めた態度は面白いです。
高山の蹴り、佐野のソバットは見て、聞いていてホントに痛そうです。
最後、おいしいところだけ力皇が持って行きました。

第8試合
○三沢光晴  25分32秒 片エビ固め 丸藤正道×

三沢のテーマ音楽が流れる前からミサワコール一色でした。最近すっかり劣化している三沢ですが、自分も含めてお客さんの多くがもう一度がんばって欲しいと思っているのだと感じました。
試合は歴代のGHC戦に勝るとも劣らないきっつい試合でした。花道から三沢が落ちたときは大丈夫なのかと心配になりました。
丸藤もかなり見せ場を作りましたが、最後は雪崩式のエメラルドフロウジョンで三沢が勝ちました。
終了後に森嶋が挑戦をアピールしていました。

小橋とGHC戦を見に行った今回の武道館でしたが、その意味では十分に満足でした。
小橋の復帰を楽しみに待ちたいと思います。
この前の日曜日になりますが、丸藤vsKENTAのGHCヘビー級タイトルマッチは壮絶な試合でした。
週プロを見たらかなり絶賛されてました。確かにテレビで見ていてすごいと思いましたし、四天王時代のようなそこまでやるのか?という思いにもなりました。
丸藤の鉄柵越えケブラーダなんて首がいっちゃったかと思いましたよ。
この2人の試合は今のプロレスでは間違いなく最高峰の試合だと思います。
でも、あえて言うならトップロープ上でのグダグダした攻防はいらないと思います。
雪崩式の技も迫力はありますが二人してごそごそとコーナーに上って、ごちゃごちゃやってドスンなので、流れが切れるんですよね。
とは言っても、すばらしい試合だったことは間違いないと思います。
今年のNOAHは武道館で7回も興行をするそうです。それも毎回ほぼ満員ですからね。
武道館も日曜日を空けてくれるそうです。おかげでモーニング娘。の秋コンは土曜だけになっちゃいましたがw