思いついたときに書く不定期な日記です。 ヲタな話がメインです。その他ちょっとは役に立ちそうなことも書いてみようと思ってます。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

正月に録画したファーストガンダムをちびちび見たりしてます。
ブライトさんの悩み、リュウの存在、アムロの脱走…ちゃんと繋がってるんですね。そしてそこに絡むランバ・ラルとハモン。素晴らしいです。
MSに関してもグフ、ドム、ゴッグと新しいジオンのMSが出てきますが、それによってかつてのロボットアニメの毎回新しい敵が出てくるようなイメージを出しつつ、戦場の変化などで意味を持たせてます。
ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクを使い分ける意味を描かれてますし、Gアーマーなどもくどいくらいに換装シーンが出てきたりしますが、(おもちゃメーカーの依頼なのかなと)ちゃんと戦術的に意味があると思わせる展開になってます。
(急に背中から子ガンダムが分離して、あれしか無かったとかアホな台詞を吐かせたりはしてません。)

そのせいもあって、00がとても悲しいです。
イベントを描くだけでそこまでの流れが無く、キャラクターに中身がないからもっともらしいシーンをやっても感動できません。
アニューとライルだって、殺すために急にラブラブにしただけで、お互いに惹かれ合う部分なんてありませんでした。1期でも似たようなことをやってました。
ガンダムだとかガンダムじゃないとか以前の問題だと思います。
今の子供達にも大人になっても忘れられないようなアニメを作ってあげてくださいよ。
スポンサーサイト
新年早々、アニマックスでファーストガンダム全話一気放送なんてやっていたので、全部ではないにしてもそれなりの時間、ガンダムを見てました。
テレビ版なんてまともに見るのは何十年ぶり?って感じです。
しかし、やっぱり面白いです。
絵のレベルは酷いものですし、使い回しもすごく多いですが、思わず見てしまう動きです。
それに何と言ってもキャラがしっかりしてます。台詞一つ一つに意味があり、そのキャラがどういう人でどういう立場に置かれているのかが伝わってきます。
時代を感じる台詞回し、言葉使いというのもありますので、一概に今より良いとは言えないと思いますが、少なくとも重みは感じます。リアルロボットものというは決してロボットがリアルなんじゃないんですよね。
見た目で人気の出そうなキャッチーなキャラはほとんどいませんが、見ているうちに好きになるという感じです。
年寄りがいて、大人いて、若者がいて、子供がいる。そしてそれぞれが必死に生きている。だから面白いんですね。
子供の頃に見て、理解しきれなくても何か惹かれるものがあり、後で見て納得する。だからガノタを辞められなくなるんだなと改めて思いました。
今の作品はその場ですぐに儲けることを望まれ、ネットで批判に晒され、過去の作品と比べられ、大変だとは思いますが…

新劇場版ヱヴァンゲリヲン序のDVDですが、本編を見て画質は特に不満は無かったのですが、ネットではかなり不評でした。
そこで、特典映像のPVを見てみたら、言われていることの意味が良く分かりました。
確かにそちらの方が本編よりも明るく、シャープですし、ノイズも乗ってません。
最近、全然アニメのDVDを買ってなかったのでどれくらいの画質なら良いというのかよく分かりませんがこの2つの差は分かりやすかったです。
本編は35mmニューフィルムからHDテレシネ方式で作られているそうですが、この画質は意図的なものってことなんですかね?

初号機の暴走シーンの口ですw
eva_m02.png

こちらが本編

eva_pv02.png

こちらがPVです。

明るさがもろに違いますね。エヴァの緑の部分がボワッと光って見えるというのも本編だと弱いです。
あと、これではよく分かりませんが、場面によっては赤みがかなり違います。
こうやって見比べちゃったりするのも庵野の手のひらの上なんでしょうか…orz
劇場版ヱヴァンゲリヲン序のDVDを買いました。
BD版が出るようなら見られる環境を整えようと思ったのですが、とりあえずはDVDしか出なかったので、素直にDVD版を買いました。
どうせ後で出るんでしょうけどね。
でも、DVDでも画質は十分に綺麗でした。
eva101.jpg

ヤシマ作戦は何回見ても燃えます。
テレビ放映時から数えたら一体何回見てるんだろうと思いますけどw
”破”はいつなんですかね。
今日になって、やっと先週録っておいたの「コードギアスR2」と「絶対可憐チルドレン」を見ました。
「コードギアス」は相変わらず、自分が正しい世界が間違ってる!なんて中二病全開で良いです。
あの最後からどういう経緯で今の状況になったのかよく分かりませんが、そこら辺は追々説明されるのでしょう。
変に格好つけたら非常に盛り上がらない話になってしまった00と違って分かりやすくて良いです。

「絶チル」はサンデーで毎週読んでいるのでどんな風にアニメになるのかなと思ってみてみました。
声優さんは全体的に違和感が無かったと思います。
薫はいかにも平野綾って感じでしたが、あれはあれで良いと思います。
椎名高志の絵ってちょっと今風では無いと思うのですが、あまりイメージを損ねることなく良い具合な画風になっているのではないでしょうか。

マクロスFを見逃したのは失敗でした…